SMALL SPACES: Get Organized!

スモールスペースを最大限に活用して、スッキリ片付いた暮らしを楽しみたい:)



スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お名前スタンプとラベルライター  

ときどき区の一時預かりサービスを利用して、
息子くんを数時間預かってもらう事があります。

そうすると当然のように
「持ち物全部に名前を入れてきてください」と
言われるのですが、これが大変!

幼稚園に入るときには名入れの恐怖が
待ち受けていると構えていましたが、
まさかこんなに早いタイミングで
山のような名入れをしなくてはならなくなるとは…。

IMG_8604.jpg

そんなわけで、
名入れスタンプ「ねいみ〜」(画像右)を買いました。

レビューを読んでみると「どうせ使うんだから
もっと早く買っておけばよかった!」という声が多かったので、
ちょっと早いかな?とは思いつつ用意した次第です。

namey_new.jpg
ねいみ~



でも、黒いインクのねいみ〜は
黒や紺の服(タグまで黒とか紺のもの)や
濃い色の靴下には使えない…。

なので「バーサクラフト(ホワイト)」と、
多くのレビュアーが「必須!」と書いていた
スタンプクリーナーも一緒に↓

vc-white01.jpg namey_cleaner.jpg

ねいみ〜とどっちにしようか、
最後まで迷ったのがこちら↓

nepara.jpg

ねーむぱらだいす



黒いスタンプ台と一緒にバーサクラフトもついてくるし
学参フォントを使用しているので(「き」「さ」が開いてます)
息子くんの名前にはそっちのほうがいいような気もしたのですが
こちらはあまりにもカワイすぎたので(汗)
ねいみ〜を選んだ次第です。

【後日談】ななななんと、ねいみ〜も
学参フォント対応可能だそうです。
「備考欄にひとこと「教科書様式で作成希望」」と
追記するだけでOKだとか…。気づかなかった…(汗)


…それで、ねいみ〜を使ってみた感想ですが。

よいっ!

簡単にすごくきれいに押せるし、
何度か洗濯してもまったく落ちる気配なし!
押すだけでアイロン不要なのもラク〜♪
整理・収納・テプラ好きママなら
一日も早くご購入を!と思った次第です:)

…あ、テプラといえば、
わが家のラベルライターはブラザーのピータッチ(画像左)です。
すごく前にアメリカで買ったものなので、
本体操作ではアルファベットしか入力できません。

でも、パソコン(Mac可←これ大事)に接続すれば
日本語出力もできる…と書かれていた記憶が。
確かそれが決め手となって、この製品を選んだのでした。

せっかくなので確認してみようと、ブラザーに問い合わせたところ
窓口の方がすごく丁寧にご対応くださり、
おかげさまで日本語入力、出力できるようになりました。

製品自体はdiscontinuedでしたが、
現行のテープも使用できるとのこと。
さっそくアイロンプリント用のテープを購入し、
一時預かり園に持って行くためのタオルに
名前を付けてみました。

ねいみ〜より手間はかかるものの、
モノによってはスタンプに適さない素材もあるようなので
アイロンテープも平行して使えるようになって
安心度アップです:)

ちなみに、ねいみ〜+ピータッチの収納場所は…。

IMG_8607.jpg

ダイニングテーブルの後ろに置いている
無印のパルプボックスの中。

これまでピータッチは別室に収納していたので
頻繁に使わなかったのですが、手に取りやすい場所に置いた事で
なんでもかんでも気軽にラベリングできるようになりました。

なんでもかんでもラベリングしたおかげで(汗)
夫もストック品などの場所がわかりやすくなった様子。
(ちなみに夫は利き脳「左左」の理論的なきっちり分類派)

わたしにストックの場所を尋ねることなく
なくなった日用品を自発的に補充してくれるように!
息子くんの名入れ対策の思わぬ収穫でした♪

--
「読んだよ♪」のしるしに、ポチッ!していただけるとうれしいです:)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
関連記事

category: 子どものための道具

thread: 片付け・収納・お掃除 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://smallspaces.blog.fc2.com/tb.php/36-376934af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。